人気ブログランキング |

2013/5/23に乳がん告知。今はホルモン療法中です。がん検診行きましょうね。


by バンビ

村岡花子と「赤毛のアン」の世界展 弥生美術館

少し風もあって、過ごしやすそうだったので、前々から気になっていた『村岡花子と「赤毛のアン」の世界展』に行きました。

1人で思いつきで行ったので、まずはランチを、東大の中にあるドトールにて!門を入るのに守衛さんもいるしドキドキしましたが、明らかに学生でないご年配の方々も散歩してたので、大丈夫でした(笑)。

d0333449_14494421.jpg

根津にある弥生美術館は久しぶり。
竹久夢二美術館と繋がっていて、1枚のチケットで両方観られます。

皆さん、NHKの朝ドラ「花子とアン」観てます?私は毎朝観てます(笑)

ツッコミどころ満載で、そもそも男性陣、振られた方(徳丸さん、朝市、デン様)が魅力あるし。
醍醐さんと宇田川先生のファッションが素敵で楽しみです♬
d0333449_14494668.jpg

d0333449_14494477.jpg


さて、弥生美術館での展示ですが、小さな美術館で平日にも関わらず、結構な人でした。みんな朝ドラ観てるっぽい?(笑)
東洋英和での様子や、翻訳家になってからの様々な女流作家との交流も写真で見られました。同じテーブルにいる宇野千代さんと撮った写真もありました。

当時出版された雑誌や童話もあって、見たことあるような絵本もありました。挿絵がかつぢだったり、中原淳一だったりするのも楽しい。

直筆の原稿や、花子と白蓮、白蓮と龍介の書簡などもありましたよ。花子が愛用している竹久夢二の封筒が素敵でした。あと、白蓮が書いた宛名書きが達筆だったー。

2階は、赤毛のアンとプリンスエドワード島を紹介する展示。様々な赤毛のアンのイラストや、プリンスエドワード島の風景写真などを観られました。

3階では高畠華宵。この美術館では華宵を常設していて、この日も「帽子を被った女性」にフォーカスした展示をしていました。色っぽくて素敵。

2階の渡り廊下で、隣の竹久夢二美術館も観られます。テキスタイルも、装丁も、絵画も一通り観られます。
ミュージアムショップも見応えありますよ♬

この日は、ついでに近くの湯島天神(乙女稲荷、駒込稲荷)に参拝に行こうかと思っていたのですが、なんとなーく熱っぽくなってきて。早々に帰りました。

涼しいと思ったけれど、日中案外暑かったのと(日傘は差していましたが)、電車の冷房が効きすぎていたので、ちょっとおかしくなったようです。

ふらっふらで、家に着いて少し寝て、体温を測ったら39℃…(´Д`ι)
お盆休みが多い中、近所の病院が開いていたので電話して、診察時間ギリギリでしたが診て頂けました。
インフルだったらどうしようーと思いましたが、ただの風邪からくる咽頭炎だったようで、薬を処方してもらいました。

もう夕飯も作れず、夫に買ってきてもらい、ほぼ瀕死だったのですが、薬を飲んだら嘘みたいに良くなりました!
(ご飯がモソモソで食べられず、おじやを作ってもらいました…多謝!)

思えば朝から少し、喉はいがらっぽかったかも。無理はすまい、と改めて思いました。


アンのゆりかご―村岡花子の生涯―(新潮文庫)
新潮社 (2014-04-04)
売り上げランキング: 1,709



白蓮れんれん (集英社文庫)
林 真理子
集英社
売り上げランキング: 409






JWordクリック募金

by banbi_fight | 2014-08-13 22:25 | お出かけ