2013/5/23に乳がん告知。今はホルモン療法中です。がん検診行きましょうね。


by バンビ

あまちゃんと「死」について

あまちゃん、終わりましたねーー!
半年かけたドラマの、最終回を一週間に渡って描いたような、丁寧な終わり方でしたね。

面白い小ネタ満載のコメディながら、震災が待ち受けているのは最初から分かっていたので、震災はどう描かれるんだろうか?登場人物…夏ばっぱは?ユイちゃんは?大吉さんは?などなど、まるで知人になったかのような、震災後2年半経って忘れかけていたあの「感じ」を、どんなドキュメンタリーよりもリアルに思い出させてくれた回でした。

で。
何よりも、良かったー!と思えたのは、主な登場人物がみんな無事だった事。
普通のドラマなら、おそらくだれか死んでます。リアリティと感動と、生きている事の有り難みを求めて。

ちょっと、こういうの久しぶりだったので、改めて感心しました(←エラソー)。

久しぶりというのは、もう10年位前に放映されていた、玉置浩二と菅野美穂主演の「あいのうた」というドラマの事です。

ここでは玉置浩二が、最初から、余命いくばくもない、と明らかにされていました。

可愛らしい子供たちもいて、だから覚悟を決めて、最期まで幸せいっぱいに生きるんだ♬という玉置浩二。その姿を見て、ひねくれ者の菅野美穂も感化され、2人は愛し合うようになり、玉置浩二も生きていたい、と思うようになり…。

で、なんと!最終回、死ななかったんですよ。(ビックリした)
記憶に間違いがなければ、数ヶ月後の設定の番外編でも死ななかった。
(ついでに言うと、病名を特に指定していなかった。そこも当時感心した!←またエラソー)

そんなに全てドラマを把握してる訳ではないので、あれなんですけど、かなりレアなケースですよね。

話は前後しますが、あまちゃんのさらに良いところは、被災したみんなが、「おかまいねぐ(大丈夫です)」と言って、自力で立ち上がり、割と普通に暮らしていくとこ。
落ち込んでいる暇はない。銭を稼がねば!
被災もしていない鈴鹿ひろみの方が、しばらくどんよりしていたのがリアルでした(笑)。




【送料無料】あいのうた DVD-BOX [ 菅野美穂 ]

【送料無料】あいのうた DVD-BOX [ 菅野美穂 ]
価格:16,254円(税込、送料込)


[PR]
by banbi_fight | 2013-09-29 14:22 | 乳がん心境