2013/5/23に乳がん告知。今はホルモン療法中です。がん検診行きましょうね。


by バンビ

お薬どっさりご紹介

化学療法には、副作用がつきものなので、ありとあらゆる副作用に対応して、最初に薬をどっさり処方されます。

なので、うちに帰ってから、元気なうちにやっておく方がいいと思うのは、ふせん貼りです!

d0333449_19354185.jpg


1クール目は頭が回らなかったのですが、途中でやったらすごく便利でした。追加処方の薬も、そこに入れればいいですしね。
薬の紙袋は、時間や効能が書かれているので、そのままが間違いが無いかなと思います♫


処方薬をざっとまとめますと…

★吐き気どめ
必ず飲むのは、抗がん剤翌日、翌々日にイメンドとデカドロン。
それ以降は、吐き気がしそうな時にノバミン、メデポリン(気持ちを安定させる効果もあり)。1日3回まで。

だいたい5〜6日位は飲みます。
大丈夫かな?と思ってると、変な時間に、やはり気持ち悪くなってしまうので、少しでも予感がしたら飲む!

★抗生剤 クラビット
万が一、38℃以上発熱した時に飲み始め、平熱になっても一週間は飲み続ける。2,3日下がらなければ、すぐ連絡。

1クール目、まんまと38.5〜39℃出て瀕死に…これ飲んで、白血球を増やす注射をしに行きました。

★発熱、頭痛 カロナール
頭痛がした時に飲みます。クラビットと同時にも飲みました。その時は、あっという間に無くなり、追加を処方してもらいに…。でも、これ弱いんですよね。
軽い微熱による倦怠感は、1〜2週はいつもなので(ってまだ2回だけど)、とにかくすぐ寝られる体制にするのがいいかも。

★下痢止め ロペラミド
下痢が始まったら、6時間ごとに飲み、12時間以上止まるまで。

この副作用は無かったです。これからもこないといいな…。逆に便秘になる人もいるらしい。
私は幸い、元から快食快眠快便なので、それも心配なし。良かったです。

★うがい薬 ハチアズレ顆粒
コップの水に溶かして使うタイプ。
感染予防に、こまめにするようにと。
外出を殆どしないので、忘れがち…いかんです。

★口内炎 ケナログ軟膏
免疫力が落ちていると、口内炎になりやすいらしいです。私はまだ幸い、無事。良かったー。
「白血球が少なくなった時の、あの高熱で、よく口内炎にならなかったですね」と驚かれました。


薬は、ビニール袋からだして、巾着に入れ替えました。

d0333449_19354226.jpg

d0333449_19354259.jpg



薬のビニール袋がカシャカシャあるのって、あまり見た目よろしくないですもんね。

石巻元気商店という、震災復興応援グッズのお店で買いました。
大漁旗デザインの、この巾着はもう扱ってないみたいですが、色々あってお勧めですよ。

http://m.shopping.yahoo.co.jp/store/otr-ishinomaki/
[PR]
by banbi_fight | 2013-07-19 18:44 | FEC治療