2013/5/23に乳がん告知。今はホルモン療法中です。がん検診行きましょうね。


by バンビ

周りに感謝、リセット。

友達に「実は…がんなんだ」なんて、突然告白されたら、どうですか?
そら、引くわ!

まず、私が伝えた相手は、夫、実家の両親、本社の営業、スタッフです。

とりあえず実家に電話したら、父はがん経験者なので、
「ふーん、じゃあ、手術前に抗がん剤するの?それで(がん細胞を)小さくするんだね?なるほど」みたいな感じ。
母は「大丈夫だから!なにも心配しないで、ゆっくり治せばいいんだから!」と気丈に(こっちの話す事なんぞ、聞きゃしない(笑))言ってくれたけれど、
受話器を置いたらヘナヘナだったらしいです。
心配かけて申し訳ないわ〜。

夫は「ああ…」と、すごく、むしろ私よりもガックリきてくれたんですが、すぐ切り替えて、サポート決意表明してくれました。
(元々、甘えまくりですがー!)

営業は、体調気遣いつつも、淡々とこれからの事を事務的に(重要!)考えてくれました。

スタッフは、やはり「ああ…」と涙目になってくれて、心配してくれつつ、でも、それ以後は極力普通に接してくれました。
(まだ治療も始まってなく、全然元気でしたしね。ほんとに嘘くさくて申し訳ない(笑))

「検査結果は、結局乳がんだった。これから多分迷惑かけてしまうけれど、本当にごめんね。でも、なっちゃったものは仕方ないからさ!がんばって治すね!」
という感じで伝えたのですが、
一番、嬉しくて、有難かったのは、
「そうですよー!なっちゃったもんはね!仕方ないですよ!もうっ、やっつけちゃいましょ!」
って、明るく言ってもらえた事でした。

彼女には、仕事は続けるつもりだけど、治療中も出勤は出来るか?連休取ると迷惑だし…なんて悩んでた時も、

「なに悩んでるんですか?いいんですよ!だって、がんですよ?身体休めちゃって下さいよ!」
と言って、後押ししてくれました。

よくよく考えたら風邪を押して…ってレベルでないので、無理にシフトいれて、急に倒れる方が迷惑なので当然なのですが、その時は何せ全然元気だったので、長く休むなんて選択肢、考えられなかったんです。

世の中には、抗がん剤治療しながらも仕事されてる方もたくさんいます。
週末に治療受けて、土日休んで出勤とか…。
職場に隠して、ウィッグで仕事されてたりとか…。
治療法によっては、副作用がそれほど無いのかもしれません。

私も、ウィッグは隠す用というより、むしろお洒落ウィッグとして開き直って接客しちゃうつもりだったんですが…実際に治療が始まると、これは接客は無理だな…と。

そんな訳で、手術が終わるまでは休むことにしました。
というか、休職というシステムが私は使えなかったので、一旦退職です。

大人になってから、強制終了、リセット!
いい機会かもしれません!


【追伸】

がんの事については、本人の受け取り方も、聞いた側の受け取り方も人それぞれかと思います。
お互いの関係性や、経験値(身近にがん患者がいるかどうか〜世の中には、普通に暮らしているがん患者がたくさんいると知っているかどうか)や、がんの深刻度や、なによりキャラもありますしね。
なので、明るい軽い対応は、私にとっては良かったけれど、正解では無いかもしれません。

ただ。
心配してくれる気持ちだけは、必ずわかるので大丈夫。です。


あと。
「抗がん剤って身体に悪いんだよね」はご勘弁を…。健康な人同士の、トランス脂肪酸って身体に悪いんだよねーレベルの話にしておいてください。

まぁ、そんなに意識しないで、普通にしてください。
心配してくれる気持ちは分かりますのでって面倒臭いね!すまんね!
[PR]
# by banbi_fight | 2013-07-17 07:42 | 乳がん心境

お口ケア♫

抗がん剤をしていると、だるさ、吐き気など目立った副作用が一見治まる二週目頃、身体の中ではかなりのダメージが起こり始めます。

骨髄抑制。
白血球や、赤血球、血小板が減少する事で、ちょっとしたウイルスにも感染しやすくなったり、万が一怪我をした時、血が止まりにくくなったり、かさぶたがうまく作れなかったり。
(「万が一怪我をしたら、輸血って手がありますからねー」とサラーリと言われてドキドキ)

普段でも、いつもなら平気なはずなのに、疲れが溜まると親不知が腫れてきたり、リンパが腫れたりって事がありますよね。すごいぞ、免疫力。

そんな時、痛くも無いはずの虫歯(一歩手前)が疼いてまいりました。

基本的に、がん治療の前に、虫歯治療はしておかないといけないらしいのですが、わりとそういう話にはならない(腫瘍科の先生にとっては、関係ないですもんね)事が多いようです。

私も、別に痛くもなんともなかったので、全く忘れてました。

そしたら、まんまと二週目あたりに、軽く疼くように…。
三週目の回復期に、歯医者へ行ってもいいと聞いてから行ったのですが、結局、様子見で治療無しでした。
その頃には痛さも治まってきたし。

治療の必要の無いものを、わざわざ削る事も無いけれど、免疫力が落ちるのは分かってるし、その時もっと痛くなったらどうしよう…。

で、ちょっとイイ歯磨き粉を買う事にしてみました。


↑お試しでお安い!

白い歯に(キラーン☆)というだけでなく、ちゃんと再石灰化して、強い歯にしてくれるらし…い?

元々私は、あまり歯が丈夫な方でなく、しかも磨き方に癖があるのか、今ひとつ綺麗に磨けてない感があったんです。
3分くらいしっかり磨くのがコツのようです。泡立ち過ぎず、癖もなく、長く磨きやすいと思います。
気のせいか?ちょっと白くなったような気がしなくもないです!




あと、こちら。
歯磨き後、歯の表面に塗るペーストです。
いろんな味があります。私はメロンにして、なかなか楽しいです。
歯医者さん推奨ってとこが、そそるではありませんか!
甘いわけではないので、お好みのお味を選ぶといいと思います♫
[PR]
# by banbi_fight | 2013-07-16 11:25 | FEC治療

実感がわかない…振り

ここらで、心境なと。

最初は、とりあえず分からないから婦人科行って、あれれ、休診日だったーというのが始まり。
改めて行ったら、ここじゃないの?2年前、乳がん検診した病院なのにー。
この場合は乳腺科?あら出直し、なんて事してて、あっという間に一ヶ月。

ようやく、ちょっと本気になって、乳腺科に行き、しこりが、ひょっとしたら悪いものかもよ…?とか、
たぶん、葉状腫瘍(がんではない)でしょう…とか、
その間、検査→分からないので再検査→病院変わる→検査…。

そんなこんなで、二ヶ月あっという間でした。

分からないから再検査って、なに?
それでまた二週間って、もし悪かったら、病状進んだらどうするの?
いずれにせよ手術するなら、早く切っちゃった方がいいんじゃないの?なんて。

いつもと変わらず、全然元気なのに、右胸にエイリアンがいるような。
こんなに元気なのに?不思議だなぁとか。

ああ、木々の緑が濃いー!とか。
ああ、陽射し眩しいー!とか。
意識して、ヒロインぽくそういうのを味わって(?)みたり。

乳がんと告知されて、とにかく実感わかない…というより、わかない振りをするのに必死な感じで。
へー、そうかー、ふーん、みたいに。

時々、一人で歯磨きする時にダーっと泣けてきたり。
お風呂場でシクシクしたり。

この時思ったのは、
「ずっとずっと、なんとなく不調が続いて辛い…頭痛だの、腰痛だの、とにかく説明出来ない辛さ。でも一応健康で、仕事はしなくてはいけない」
のと、
「どっかーん!がんになりました!!」
とは、どちらが大変なのか?
なんて事でした。
まぁ、もちろんがんの方が大変だろうけど…でも…どうなのかな?なんて。

この時点では、抗がん剤しながら仕事する気満々だったので、いざとなったら大手を振って休める、錦の旗をGETした気分でもありました。

いやはや、働き蜂にも程がありますね(笑)。
[PR]
# by banbi_fight | 2013-07-15 12:48 | 乳がん心境

2クール(FEC治療)

7/11
2クール目。
広い窓から、外を眺めながら(結構広い道路で街路樹なんかもある)、背もたれ、レッグレスト可動式の大きなソファでの点滴。
雑誌も各種置いてて(STORYみたいのから、沖縄の旅本とか…)、ここはリゾート、寛ぎの旅と妄想…。
なんとなくカーテンで仕切られているので、ある意味プライベート空間です。
慣れた人は、アイマスク持参。なるほど!
昼を挟んでしまうので、小さなお菓子を持参していいですよ、と予め言われてたので、お茶とクッキー持参。
しっかりしたお弁当などは、匂いがこもっちゃうのでご遠慮を。


朝9:30受付、採血して、先生二人(乳腺科のS先生、腫瘍科のT先生)と診察して、11:30頃に点滴始まり、終わったのは14:00頃。

私の場合、ホルモン剤は効かないタイプ。でもその分抗がん剤が効きやすいそう。
腫瘍もかなり小さくなってる。
この前測ったら5.5cm位だったのが、今回測ったら2.5cm。すごい。半分になった。
「手術が終わるまで、休職しようかと思ってます。接客はちょっと無理そうなので…」
と相談したら、
「あ、じゃあ診断書ですね。いかようにも書くから大丈夫、しっかり治しましょう」
と言ってもらえた。

帰ってから、おにぎり。
美味しかったーー。
16:00位から気持ち悪くなり、寝て過ごす。
17:00 に吐き気どめ飲む。

少し少食に…。
しんどい。
早めの夜ご飯後にも吐き気どめ飲んで、早めに休む。
寝る前、お腹空いて、そういう時用に作ってもらってたおにぎりを食べる。美味しい。

0:30頃トイレに起きたら、身体が重くてびっくり。辛い…。
1:30にもトイレ起き。
でも、その後はしっかり眠れた。

7/12
少ししんどい程度。
1クールに比べれば楽かも。
といっても、しんどいには変わらず。

でも、ご飯食べたら人心地ついて、洗濯も出来た。

営業に、休職のお願い電話。
身体第一だから、と了解してもらう。
一応、来年一月まで。
7月は有休を消化して、後は休職願については具体的に聞いてくれるそう。
傷病手当金も出るかもしれないから、調べておくと。
セール前で忙しいのに、申し訳ない。ありがたい。

今回は、先生にも「吐き気どめは、きそうだと思ったら予防の意味で飲んでもいい、そのまま飲んでいいから。
吐き気が辛くなってしまったら、効きにくいし、それで負担になってもしょうがないから」
と言ってもらえたので、食前でも、吐き気の予感がしたらノバミンを飲む事にする。

7/13
夜中、トイレに起きたら、やはり身体があまりにも重くてビックリ。
1:30頃と、2:30頃に起きる。
後は、ちゃんと眠れた。

今日も比較的楽!
といっても、実は37.5℃あった…。
暑いからかな?普通の人もそうなんじゃないのーと思い、母に測ってもらったら、
普通に36.4℃であった。
やはり微熱か。くたーり。

もう、1クールに比べればかなり元気だし、夫も連休なので、また母には帰ってもらう。
夕飯の支度もしてくれていた。ありがとう!

7/14
洗濯出来る程度には、元気。
でも、やはり本調子ではない感じで、微熱はある。
用心せねば…。

今朝、夫が朝マックを買ってこようか?と提案してくれた。
それより、10:30からのブラックダイヤモンドをー(トリュフソースの1000円バーガー)と言ったら、なんと昨日一日限定ですと!
じゃあ、いいやー。

…そんなやりとりを覚えていたか、夕方、ハバネロクォーターパウンダーを買ってきてくれました♡

d0333449_1115425.jpg

美味しいー♫
チーズと絡まって、すごくいい辛さ!
いえ、別にそんなに辛くないかも。

こんなものも食べられる程度には、回復しています。
ものが美味しく食べられるって、本当に幸せ。
[PR]
# by banbi_fight | 2013-07-14 20:17 | FEC治療

回復期〜パンケーキ♫

FEC治療は3週ごとに抗がん剤を打つのですが、副作用のサイクルは個人差はあるものの、

初日〜一週間で、吐き気、下痢、便秘、倦怠感。
二週間で、骨髄抑制(免疫力低下、白血球、血小板などの低下)、下痢、口内炎、脱毛、膀胱炎、
三週間で、脱毛、膀胱炎、etc…

もちろん、副作用によっては、出る人もいれば、出ない人もいる。また、1クール出なくても、2クールに出る人もいる。個人差は激しいようです。

基本的に、副作用がひどいのは初日〜二週間。
特に二週目は、とにかく免疫力が低下するので、発熱、ウィルスには注意(実際、私は危険な状態だったらしい)。
三週目は回復期にあたり、ほぼ、もとの生活に近い状態になります。


白血球を増やす注射をした事で、本当に無事に回復期を迎えた私。

7/8
前々から気になっていた、星乃珈琲にモーニングを食べに行く。
ふっかふかのパンケーキを食べたかったのに、なんとそれは11時からだった。
なので、モーニング(珈琲を頼むと自動的に半分パンと、ゆで卵が付く)と、フレンチトーストモーニングを頼む。
それはそれで美味しかった♡
d0333449_2030335.jpg



夕方再び、パンケーキを食べに行く。
d0333449_2030398.jpg


ふっかふかで美味しかった!
久しぶりに出かけたーという気分になれた。
せっかく元気なうちに…と連れ出してくれた夫に感謝♫

7/9
今日も元気。

7/10
両親がやって来た。
お昼はおにぎり。美味しかった。

明日は2クール目…。
[PR]
# by banbi_fight | 2013-07-14 20:13 | FEC治療

ザ・脱毛(脱毛前)

抗がん剤の副作用で、女性なら1番気になるのは、やはり髪が抜ける、という事ではないでしょうか…。

何故か、私は恐らく人よりその辺のショックは希薄で。

若い頃からベリーショートだの、ロングだの、グルグルだのやっていて、
一時期は「会う度に髪型違うねー」なんて言われてたんです。

当時の髪型は、前下がりショートでした。

d0333449_14155511.jpg


髪が抜ける前に、短めにしておいた方がいいそうなので、行きつけのサロンへ…。

5/29、仕事帰りに行ってきました。
d0333449_14211259.jpg


本当は、ジーンセバーグか、The Walking Deadのキャロル並のショートをイメージしていたんですが、やはりまだ実感が無かったのか、怖じ気づき…。

d0333449_1494343.jpg



とにかく、ウィッグやニットキャップなどは、脱毛前に用意した方がいいそうなので、色々とチェックしましたよ。
病院併設のサロンや、カタログもありますが、高くて…^^;
実際に脱毛するのは、抗がん剤打ってから3週間後位ですが、副作用もきついし、出かけられないので、用意はお早めに♫






これらは必須。とてもいいです。
私は二つ買ってますが、洗いたいし、また買い足すかも。
(病院のカタログだと、2500円前後でした)
ただ、家ではバンダナ巻いてる事の方が多いです。

後、内帽子!
私は「ウィズスマイル」というところで買いました。
→ http://www.smile-jpn.com/html/syohin_1_utiboshi.html


d0333449_1522115.jpg


頭のてっぺんが、ネットになっていて、ぐるりと人工毛がついています。
フルウィッグよりも涼しいつくり。
外出の時、便利です。
これを被れば、どんな帽子もOK。

まだデビューしてませんが、フルウィッグもぼちぼち。
また、おいおいご紹介します。

ちなみに…【ちょっと閲覧注意】。

More
[PR]
# by banbi_fight | 2013-07-14 10:44 | 髪事情

再度、診察。

7/1
今朝は起きてすぐに体温計って、平熱!36.5℃!
昨夜は咳がひどかった…。
朝パン後、咳止めと抗生剤飲む。

10時頃、熱を測ると37℃…やはり薬を飲まないと安定しないな。
昨日あたりから、髪が抜けやすくなってきた。手ぐしすると、するーりと4.5本抜けてくる感じ。
そのうち、ごっそり!という瞬間が訪れるのであろうか…。

昼は冷やし中華にした。
そして、車でブレストセンターへ。
事前に確認したら、血液検査13時、診察14時という予約だったらしい。

久しぶりの腫瘍科の飄々としたS先生。
白血球数値は5000になっているとの事。
この前(木曜日)の時点では400で、通常は4000〜だそうなので、1/10だったらしい。(でも、1クール目の時点では、体調も悪かったせいで8000だったらしい…)

少し抗がん剤が多過ぎたかもしれないので、次クールは調整するとのこと。
体重も減ってるので、それもあるかも…次は体重も申告。
先日の骨シンチの結果は、異常ナシ!
「左の上に虫歯あるでしょ?」と言われる。
確かに、虫歯という程では無いけれど、ここ2,3日急に気になり出したところが…骨シンチに出てたらしい。すごい。
「髪はまだだね?」
「でも、最近抜けやすくなったのでそろそろですー」なんて話す。

看護婦さんに、「もし抗生剤飲んでも、まだ熱が出るようなら来てくださいね。ずっとカロナール飲み続けて抑える事になってしまうので。」と。
なるほど。
早く自力で治したい…。

7/2
起きて計って、36.3℃。
このままいけるかな?

母から宅配便。
以前送ってもらったから、たっくさんあるのだけれど、やはりじゃがいもや玉ねぎがさらに大量に(笑)。でも、他にも桃やスイカやかぼちゃなどなど、たくさん!!
ありがたい。
お礼電話して、ついでに骨シンチ異常なしを伝える。

雀に餌をあげたり、昼寝したり。
お昼は自分で冷やし中華を作るまでには元気。

d0333449_10354350.jpg

中華風醤油ベースだれ。美味しかった。

今日は昨日よりも、よく髪が抜ける。
手ぐしすると、ごそっと十数本。
全然痛みなどなく、するーっと。
だんだん面白くて、脱いちゃゴミ箱、脱いちゃゴミ箱しているが、きりがない。
頭って本当に髪が多いんだな…。

左上の歯は、軽く疼く程度。
ネットでみると、やはり虫歯は抗がん剤前に…というばかり。
普段なら免疫力で抑えているということか。免疫力すごい。
でも、抗がん剤による神経痛という記事を見つけ、フィットしたので、いいとする。

ゴミ箱いっぱいの髪なのに、まだ頭に髪がある。
夫もビックリ。
案外、これで収まるんじゃない?なんて言ってくれるけど、いや…多分抜けるでしょう。
ショートもロングもグルグルパーマもしたし、結構、脱毛に関しては抵抗が無い。というよりまた生えるんだから、いいじゃない?という感じ。

7/3
今朝も平熱。
うっかり抗生剤を飲み忘れそうに。いかんいかん。

7/4
ブレストセンターに聞いたら、歯医者さんOK頂いたので、早速GO!
しかし!なんと休み。木曜日休みだったー。
悔しいので(笑)、本屋で雑誌(こういう時、雑誌を読めばいいんだーと閃いた)と、前々から気になって立ち読みしてた、有元さんの「使いきる。」を買う。
【送料無料】使いきる。 [ 有元葉子 ]

【送料無料】使いきる。 [ 有元葉子 ]
価格:1,365円(税込、送料込)



雑誌はSTORY。台湾弾丸ツアーしたいなあ。

7/5
元気だったので、ユニクロへ。リラコが気になってたけど、あまりに薄かったので、麻混のパンツに。すごく穿きやすいし、2枚で1500円だったので、ベージュと、薄ブルー購入。あと、この夏はリラックスモードなのでTシャツを大人買い。
ナショナルジオグラフィックの象プリントと、森永キョロちゃんのと、可愛い花柄。大満足。

歯医者リベンジ。
左上は、やはり虫歯とは言えないらしい。
よく疲れている時に疼く…みたいな、そういうレベル。なので、このまま様子見。でも、見てもらえて良かった。
ついでに、別の少し詰め物が欠けたところを直してもらう。スッキリ!

夜はカレーにした。

7/6
脱毛激しく…。
軽い、オーガニックコットン帽子をかぶる事にする。なかなか評判よし。

7/7
母からクール便で、手作り餃子や、桃やスイカなど届く。
とにかく暑い。
熱中症の危機を感じる日。
頭が少し痒い。
かなり薄くなってきたので、バンダナして過ごす。

d0333449_10492233.jpg

d0333449_10492232.jpg


今の癒しは雀…♡
[PR]
# by banbi_fight | 2013-07-14 10:26 | FEC治療

空咳と白血球激減

6/24

夜中、お腹空いたので迷わずポテトチップスを食べに起きる。
(夕飯が普段ほどの量は食べられず、でも空腹になると吐き気がするので)
ハチミツをお湯で割ったのを飲む。

2:00 頃、ノバミン飲む。
安心、安心。

3:30 咳止めセット飲む。
やはり咳に苦しめられた…。

6/25
寝る前に、濡らしたタオルハンカチをマスクにして寝て、ずいぶん良かった。
加湿器も点けて寝た。
久しぶりにぐっすり眠れた!という気分で起きたのが4:50(笑)。
でも本当によく寝た。

Oクリニックにいく。
特に問題は無く、とにかく空咳のせいで喉が荒れているので、少し強めな咳止めと炎症どめを処方してもらう。

待合室で眺めた、ターシャテューダーさんの本が素敵だった。

冷やし中華食べて、薬飲んで昼寝。
少し頭痛。薬のせいかな…?

でも、だいぶ良くなってきたし、私もずいぶん元気になったし、母も勝手の分からないうちで大変だろうし…で、明日明後日、父が来るので、一緒に帰っていいよと話す。
また、2クール目の時に来てね、という事で。
最初はいいって言ってたけれど、途中から帰るモードになって、向こうのお友達とランチの予定など入れてた(笑)。良かった。

6/26
比較的元気。
でも殆ど寝てる。
父が来て、スイカや何やら色々持って来てくれた。
少しふらつく。

6/27
初の抗がん剤の為、一週間後の今日、一度病院で診察。
11:00からなのに、やはり待たされた。
12:00に。ものすごくぐったり。
(後に分かるのですが、毎回血液検査をし、結果が出るのに1時間かかるらしい。出た順に診察。だから待つのか!いつも30分前には来てたけど、でも遅かったらしい)

白血球濃度が異常に低いので、風邪をひかないよう注意。
(通常4000〜のところ、400だった)
濃度を上げる食事方法などはなし。3週目には回復するから…だけ。
咳は空咳なので、時間薬しかないとのこと。でも、咳止めに睡眠効果があるので、楽になるなら飲んでかまわないと。免疫力も下がってるので、治りにくいのかも。

思えば、この時は朝は平熱だったので、そのモードで話してたのですが、待ってる間に調子悪くなりつつあったので、そこで熱を測ってもらえばよかった…というのは後の祭り。

薬剤師さんとも話す。
薬の日誌を渡し、どういった副作用があったか、吐き気の程度はどうだったかなど。
最初の頃、結構我慢して吐き気がしてから飲む…と勘違いしてた事を話すと、
「いえいえ!気持ち悪くなりそうだと思ったら、予め飲んでもいいですよ。気持ち悪さを軽減するものだから、我慢しないで…」との事だった。

帰って、冷やし中華食べる。
両親には、もう大丈夫と帰ってもらった。ありがとう。

ずっとしんどくて寝てて、測ったら38.5℃だった…。カロナールは飲んだ。
白血球激減期に、38℃以上の熱が出た場合、免疫力が低下しているので抗生剤を一週間、熱が下がっても飲む事になってます。
明日朝飲から飲む事に。

6/28
38℃。
パン食べて、抗生剤飲む。
カロナールも後から飲む。
しんどい。

オレンジやリンゴなど食べる。
しょっちゅう体温を測る…37℃台になったと思うと、夕方にはまた38℃に。
しんどい。

6/29
夫に、ブレストセンターに足りなくなったカロナールを取りに行ってもらう(私が行った方がいいんだけど、ちょっとしんどくてサボった…)。先生と直接話さないと、処方してもらえないらしい。で、夫が先生に状況を話し、先生も私と電話で話した上、とりあえず薬は追加処方するけれど、大学病院の救急(土曜日で、ブレストは閉まるので)に相談した方がいいという話に。

大学病院に電話したところ、乳腺外科のM先生が、私のこの前のカルテ見て、「白血球増やす注射打った方がいいので、来られますか?」と。
(おそらくPCでカルテを共有出来ている様子)
それで、車で行く…。

ちょっと口調が武井壮ちっくな良さげな先生。
注射はサクッと。点滴かと思ってたので、あまりに簡単でびっくり。
翌日も9:00にまた打ちに来て下さいという事になる。
でも、かなり体調はマシになった。
帰りにたまプラーザの荒井屋に寄って、メンチやコロッケを買って帰る。

6/30
朝9:00に夫と大学病院へ。
前日、M先生に内科で…とは言われてたけれど、日曜日だしな、と念のため電話してみたら、係りの人に救急センターへと案内される。
事務の人に、乳腺外科のM先生に来るよう言われた、と話して安心して待ってたら…1時間…。
先生はやはり内科で待ってたらしい!
(・ε・)プップクプー
注射はやはりサクッと終わり、明日はブレストセンターで受診する事になる。

うちに帰って、カップそばでランチ。
ほぼ平熱になったら、かなり元気。
でも無理はできない。
薬が切れた頃には微熱になる。
[PR]
# by banbi_fight | 2013-07-14 05:26 | FEC治療