2013/5/23に乳がん告知。今はホルモン療法中です。がん検診行きましょうね。


by バンビ

なぜ、乳がんblogにまとめてみたか

d0333449_12171475.jpg

約2年ほど前、普通にお洒落blogとして読んでいたサイトが、途中から乳がん闘病blogになったのを、たまたまリアルタイムで読んでました。

それで、すぐに乳がん検診(ちょうど横浜市で無料券が配られていたし)に行き、その時はクリアしたのですが…
たぶん、調べても漏れてしまうような、小さな小さな芽はあったんでしょうね。

そのサイトは、お洒落な美人さんがやっていただけあって、闘病もすごく前向きに素敵にされていて、でもやはり辛い気持ちや、しんどい状態も隠さず素直に綴られていて、引き込まれて読んでました。

だから、ほんのりと、
髪が無くてもウィッグでお洒落出来るなーとか、
あー、なんというか、こういう心境になるんだなーとか、
心の準備(?)みたいなものが出来ていたように思います。

今も、その方(今は経過観察中で、むしろ健康になられてるような…!)の過去記事も、今の記事も読んで、励まされたり、参考にしたりしています。

身近な人では無いけれど、ある意味よく知ってる人。
そういう人でもがんになる…って、実感が大きいですよね。
ましてや、身内、友人、本人(笑)。

そんなわけで、がんになるというのは、けして、決して対岸の火事では無いですよ。
まずは、安心する為にも検診。
でも、検診を面倒がって行かなければお話にならない。
さらに言っちゃうと、検診に行ったって、クリアしたって、なるものはなる(あー、言っちゃった)。

そう。

がんって、ちょっぴり治療は大変だけど、なっちゃってもそんなに落ち込まないで!!
結構、世の中にはたっくさん患者さんいるから。
普通に暮らしてるから。

健康な人が、熱中症やら、過労やら、突然事故に巻き込まれるとか、それも誰にでも、いつ起こるか分かりません。

あと、ゆるく頭痛がしたり、腰や肩が辛かったり、人間関係が辛かったり、そんなで不安を抱えて、でも病気では無いから、疲れの取れない身体を奮い立たせて仕事に行って…とか。

どっちが大変かなんて、比べられない。

今後さらに医療が発達し、治療法が進んで、副作用も楽になって、
「あー、週末抗がん剤?あれ辛いんだよねー髪抜けるし」
「でも、また生えてくるしねー」
「そのウィッグ可愛いね!」
位な程度になればいいなー…なんて。

実際、今使われてる吐き気どめは、数年前に認可されて、吐き気が劇的に楽になったそうなんです。
(2008年位の闘病本を読むと、2日間位吐きまくってて辛そうであった…)

そう。
がんは病気ではない。
ちょっと、自分の細胞がおかしくなっただけ。
自分では、そう思ってます。

そもそも備忘録のようなものだし、役立てるという程のものでも無いのですが、そんな事を伝えたかったのでした。
[PR]
by banbi_fight | 2013-07-22 11:32 | 乳がん心境