2013/5/23に乳がん告知。今はホルモン療法中です。がん検診行きましょうね。


by バンビ

2クール(FEC治療)

7/11
2クール目。
広い窓から、外を眺めながら(結構広い道路で街路樹なんかもある)、背もたれ、レッグレスト可動式の大きなソファでの点滴。
雑誌も各種置いてて(STORYみたいのから、沖縄の旅本とか…)、ここはリゾート、寛ぎの旅と妄想…。
なんとなくカーテンで仕切られているので、ある意味プライベート空間です。
慣れた人は、アイマスク持参。なるほど!
昼を挟んでしまうので、小さなお菓子を持参していいですよ、と予め言われてたので、お茶とクッキー持参。
しっかりしたお弁当などは、匂いがこもっちゃうのでご遠慮を。


朝9:30受付、採血して、先生二人(乳腺科のS先生、腫瘍科のT先生)と診察して、11:30頃に点滴始まり、終わったのは14:00頃。

私の場合、ホルモン剤は効かないタイプ。でもその分抗がん剤が効きやすいそう。
腫瘍もかなり小さくなってる。
この前測ったら5.5cm位だったのが、今回測ったら2.5cm。すごい。半分になった。
「手術が終わるまで、休職しようかと思ってます。接客はちょっと無理そうなので…」
と相談したら、
「あ、じゃあ診断書ですね。いかようにも書くから大丈夫、しっかり治しましょう」
と言ってもらえた。

帰ってから、おにぎり。
美味しかったーー。
16:00位から気持ち悪くなり、寝て過ごす。
17:00 に吐き気どめ飲む。

少し少食に…。
しんどい。
早めの夜ご飯後にも吐き気どめ飲んで、早めに休む。
寝る前、お腹空いて、そういう時用に作ってもらってたおにぎりを食べる。美味しい。

0:30頃トイレに起きたら、身体が重くてびっくり。辛い…。
1:30にもトイレ起き。
でも、その後はしっかり眠れた。

7/12
少ししんどい程度。
1クールに比べれば楽かも。
といっても、しんどいには変わらず。

でも、ご飯食べたら人心地ついて、洗濯も出来た。

営業に、休職のお願い電話。
身体第一だから、と了解してもらう。
一応、来年一月まで。
7月は有休を消化して、後は休職願については具体的に聞いてくれるそう。
傷病手当金も出るかもしれないから、調べておくと。
セール前で忙しいのに、申し訳ない。ありがたい。

今回は、先生にも「吐き気どめは、きそうだと思ったら予防の意味で飲んでもいい、そのまま飲んでいいから。
吐き気が辛くなってしまったら、効きにくいし、それで負担になってもしょうがないから」
と言ってもらえたので、食前でも、吐き気の予感がしたらノバミンを飲む事にする。

7/13
夜中、トイレに起きたら、やはり身体があまりにも重くてビックリ。
1:30頃と、2:30頃に起きる。
後は、ちゃんと眠れた。

今日も比較的楽!
といっても、実は37.5℃あった…。
暑いからかな?普通の人もそうなんじゃないのーと思い、母に測ってもらったら、
普通に36.4℃であった。
やはり微熱か。くたーり。

もう、1クールに比べればかなり元気だし、夫も連休なので、また母には帰ってもらう。
夕飯の支度もしてくれていた。ありがとう!

7/14
洗濯出来る程度には、元気。
でも、やはり本調子ではない感じで、微熱はある。
用心せねば…。

今朝、夫が朝マックを買ってこようか?と提案してくれた。
それより、10:30からのブラックダイヤモンドをー(トリュフソースの1000円バーガー)と言ったら、なんと昨日一日限定ですと!
じゃあ、いいやー。

…そんなやりとりを覚えていたか、夕方、ハバネロクォーターパウンダーを買ってきてくれました♡

d0333449_1115425.jpg

美味しいー♫
チーズと絡まって、すごくいい辛さ!
いえ、別にそんなに辛くないかも。

こんなものも食べられる程度には、回復しています。
ものが美味しく食べられるって、本当に幸せ。
[PR]
by banbi_fight | 2013-07-14 20:17 | FEC治療