2013/5/23に乳がん告知。今はホルモン療法中です。がん検診行きましょうね。


by バンビ

1クール目、まさかの延期…!

備忘録を兼ねて、随時EVERNOTEに付けていたメモを元に、このblogを書いてます。
なので、時折、本当にメモになっちゃってますが、ご了承くださいまし☆

6/12に、抗がん剤初日を予定しておりました。なのに、まさかの風邪気味?大丈夫?!
ブレストセンターに電話したところ、普通の病院に行って、風邪薬をもらって大丈夫とのこと。

6/11
近所の病院へ。
おじいちゃん先生に抗生物質と炎症止めをもらう。

効いた気がしない…。
彼が持っている咳止め、喉の薬も併用する。

6/12
今朝は平熱に。
初抗がん剤治療に向かう。
11時予約が、結局呼ばれたの12時。
木曜日は混むらしい。

腫瘍科の先生は、くりくりっとした眼の可愛らしい、でも理知的でキリッとした若い女医さん。
ここで再度体温を測ったら、37.1…。
まさかの延期…。次の火曜になる。

仕事のシフトも狂うし、副作用辛くても我慢しますーと少しごねてみたのですが(笑)、
「1番初めの抗がん剤治療だから、万全を期して始めたい、ここで無理しても、身体に負担がかかるだけですから、慎重にいきましょう。」と。
今思うと当たり前…。

ああー、おととい骨シンチの後に出かけちゃったからでしょうか…こんな時に風邪なんて…と嘆く私に、
「いや、今はこれだけ寒暖差が激しいから、仕方ないですよ」
と言ってくれ…グスン。

実はこの時点で、心持ち腫瘍が大きくなってきてるよな…。
「あと5日で、風邪を治す事に専念して下さいね!」「はい!」

営業に電話し、5日延長を願う。
少し、スタッフが休日返上に出てくれるところに出るか?とも思ったが、とにかく体調を戻す事に専念する事にする。

今日は両親が車で来るので、延期した事をメール。でも、すごくたくさん用意してくれたし、出てしまってるし、という事で来てくれることに。

昼はお弁当買って帰る。

3時位に両親到着。
ものすっごい大量の物資持参であった(笑)。これは確かに中止出来ないかも。
母は、ご近所に挨拶へ。翌日お友達とランチをするそう。

6/13
午前中、再び近所の病院へ。
この前と違う先生だった。良かった。
肺の音は異常なしで、ただの風邪。
抗生物質は効かないというので、
総合感冒薬と咳止め、痰切りの薬をもらう。

母はお友達とランチ。
父と私でお昼。
あとは、ずっと微熱。
ひたすら寝る。

6/14
ずっと微熱。
ずっと寝る。

6/15
微熱。

延長した治療日は、6/18…無事始められるのか?!
[PR]
by banbi_fight | 2013-07-13 13:23 | FEC治療